発達sos

広汎性発達障害の子の発達・療育凸凹奮闘記。

療育

良い経過をたどる子供たちの共通点

記事はこちらのブログサイトより、ご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓gakusan.net

発達障害の子供にお小遣いをそろばんで計算させる

何か出来ないことをするたびに、すぐにご褒美をあげて、発達障害の子供独特の遂行できないレベルをあげてあげる。

ドーマン法は何歳まで効果があるの?

記事はこちらのブログサイトより、ご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ gakusan.net

発達障害の子に「遊ぶ力」をつける

記事はこちらのブログサイトより、ご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ gakusan.net

NHKの発達障害【無料】相談員は、スキルがハイレベル!!

記事はこちらのブログサイトより、ご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓gakusan.net

【第2回】日本の療育は遅れている!天と地ほどの差がある療育!

記事はこちらのブログサイトより、ご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓gakusan.net

【第1回】日本の療育は遅れている!天と地ほどの差がある療育!

良い支援士と巡り会えるかどうか、子供の将来は変わってきます

療育に疲れた方へ

将来、発達障害児が大人になって、発達以上に一番大切なことは穏やかな子に成長していることなのです。

障害者は、障害者としての道を歩かされるから、障害者になる。

障害者は、障害者としての道を歩かされるから、障害者になる。健常児が1つの動作のために10回与えられたチャンスを、出来ないだろうからねとチャンスが0回だった発達障害児は、ますます障害者として確立していきます。

脳科学から発達を考える「三半規管を刺激すると運動能力が伸びる」

脳科学から発達障害の成長を飛躍的に促す方法について、我が子の結果を元に書いています。

運動していることを意識させないランニング

サッカーランニングは、走ることに集中しないので楽しんでやる息子 休みの日には家族みんなでサッカーゲームをしながら、3kmを走ります。。 するとハルは、喜びの中で3kmをあっというまに完走してくれます。 初めはロボットみたいな動きだったボール蹴りも、…

気温2℃の中、5歳息子を早朝ランニングさせる母親。

今日の朝7時の気温2℃。 よーし走るか!と母だけがはりきっている。 5歳のハルは、もうすぐ6歳の誕生日プレゼントを手に入れるという 目標だけの為に、ランニングを承諾する。 風邪が強い土手を走るのをやめれば良かったのに サッカーランニングを続けさせた…

子供が夢中になって読む絵本

子供が夢中になって読む絵本「おさるのジョージ」 ハルの毎日の日課にさせている絵本の音読が 最近、集中できずに、1冊を3日にわけて読むことが 多くなっていました。 だけど、「おさるのジョージ」を渡した途端、 夢中になって読み ご飯だと言っても止めま…

5歳10ヵ月のハルができるようになったこと

5歳10ヵ月のハルができるようになったこと 【運動面】 ●逆立ち 一人で壁に逆立ちができるようになりました。 ●縄跳び ようやく、縄跳びがまともに飛べるようになりました。 【知性面】 ●かるた 新しいかるたでも、母より取るのがはやい。 ●ピアノ 片手でキ…

つくることへの集中力、おりがみの力

つくることが大好きなハル。 その集中力はすごいのです。 しかし、普段の生活でやらなければ いけないことに関しては 不注意なのですが、、 その集中力がバランスよくならないものか と頭を悩ませます。 以前は、難しいそうなことを 敬遠してやってみようと…

プログラムはやりきらないと効果がない 

もらったプログラムはやりきらないと効果がない ことを改めて実感しました。運動プログラムだけ、やってれば大丈夫だろうとか 勝手にアレンジすると、多動が顔を出します。文字と絵カードまでやると // 親が倒れてしまいそうなのですが ずっとサボってた文字…

5歳の子がほふく前進300メートル

ドーマンプログラムで ハルが最近苦手になってきた腹這い。 大人なんてとてもできるもんじゃありません。 ほふく前進300メートルだなんて! 本場のドーマン法なら 最低達成距離は、腹這い1キロはしなければなりません。 効果も即でますが、できるもんじゃあ…

ドーマン法 プログラム更新の日

昨日、ハルは1日3時間のドーマン法の プログラムの更新に行ってきました。 先生は、全国を飛び回る忙しさのため 所要時間2時間ほどで、 ハルと面接してプログラムを 組み立ててくれました。 しかし、プログラムは前回と一緒でした。 あれれ〜?です。 もうネ…

緘黙症 かんもくしょう

かんもくしょうの定義は 家では普通に喋るのに 集団生活や第三者とは話せなくなる発達障害ということです ハルも第三者の前では喋らず 極めておとなしいのですが 言語能力も健常児より劣るからでしょうか 健常児の言語能力は、多彩で豊かです かんもくしょう…

水泳は発達障害の子の神経をつなぐ

健常児にも幼児期の水泳が推奨されているように 発達障害の子供の水泳は、 まだ形成されきっていない 不安定な神経回路をつなぐ役割を してくれるそうです。 // そして、泳ぐことができるようになれば 達成感と自信から、また新たな可能性に チャレンジでき…

体操教室に通いはじめる

ハルを体操教室に行かせてみました。 きっかけは ドーマン法の前転と横転を連続してやらせると ハルの脳の淀みがすっきりして、 健全なもう一人のハルが出て来てくれることから 一筋の光が見えたのです。 // 集団がダメ、出来ない事をひどく 恐れるハルです…

5歳の息子 もうすぐ脳は臨界期

5歳のハルは、6歳になる瞬間までに 臨界期を迎えます。 幼児は5歳半に爆発的に成長をするのですが ハルにとっては今年の夏なので その機会を多いに与えてやらねばと 試行錯誤を繰り返しています。 夏は脳が開いている時期だと私は勝手に 思っているのですが…

発達障害の早期療育

発達障害は、妊娠中または出産時におこると言われています。 お母さんのお腹の中で事故にあったような ものなので、産まれてから幼児までの間の 療育が大きな回復や、軽症化につながるといいます。 // 脳卒中をおこした方がリハビリを2週間に一度 一時間程度…

脳にはすぐにご褒美を

ここ2〜3日のハルは荒れ模様でした。 これまでのご褒美で ランニングの後の、ガチャガチャのガムを 買うことを中止した後、 いつもそこの前を通るのに 透明の球体に入ってるガムが少なくなるのを 気にしていたハル。 でも急に都合で、お預けにされちゃったハ…

発達障害の子には成功体験を積ませる

負けること やってみてできないこと 難しいことがひどく苦手なハル ちょっと難しいことをやってみて できなければ 二度とやらなかったり ひどくすねたりで 取り組みが苦手だったハルも ドーマン法を始めてから 教えられること 取り組むことに 積極的になりま…

発達障害の原因

ハルがお腹にいるとき 私の妊娠生活は 今考えると ひどいものでした ハルがそうなる環境が見事につくられていました 私には知的障害の兄がいます。 ずっとその原因を考えて妊娠に至りました。 私が妊娠中に注意を払ったのは 添加物や薬、化学物質、タバコや…