発達sos

広汎性発達障害の子の発達・療育凸凹奮闘記。

頭蓋仙骨療法の効果と危険性

ハルに頭蓋仙骨療法で起こった奇跡は

前に記事で紹介しましたが

その危険性についても記述したいと思います。

 

頭蓋仙骨療法を家庭でできるように

youtubeなどで動画が流れているのを見て

私は、警鐘を鳴らしたいです。

 

独身の頃、私が不調をすぐに治してくれる

鍼灸の名医にかかっていたときに

その名医から聞いたことです。

 

国家資格をもたない者のマッサージの

危険性についてです。

 

竹の子のように次々にオープンするマッサージ店では

トラブルがとても多いのだそうです。

学生のバイトを雇うくらいですから。

 

マッサージは見た目以上に

とても強い刺激があります。

 

血流を一気に脳や心臓へ送り、その場で脳梗塞になったり

心筋梗塞になったりするのは、

よくある話だそうで、

それを目の当たりにしてきた

その名医は、素人のマッサージ店を

営業しないように呼びかける運動を

していました。

 

そのマッサージの危険性を

自ら体験することになるとは

思いませんでした。

 

鍼灸では子供に

ツボもマッサージもしません。

その危険性を知っているからです。

 

まだドーマンや頭蓋仙骨療法に

出会う前に、ハルの気持ちが

少しでも落ち着くようにと

私自身にやっている

ツボを押したりマッサージを

ハルに施していました。

 

独自のマッサージを始めてから

ハルは様子がおかしくなりました。

 

多動や衝動性、攻撃性がとても強くなりました。

マッサージを初めてから数ヶ月して

そんなハルに悩んでいるうちに

鍼灸の名医の言葉を思い出したのです。

そして、直ちにやめると

落ち着きを取り戻しました。

 

そして、二度目は頭蓋仙骨療法の

独自の施術です。

 

頭蓋仙骨療法では、自宅でもできる

耳をひっぱるだけの施術を

推奨されます。

5gタッチでと聞いていても

いつの間にか力が入ります。

 

私は毎晩、ハルに

家庭用の頭蓋仙骨療法を施していました。

それからしばらくして

ハルがおかしくなりました。

 

これまでなかった症状が現れたのです。

 

なんでも恐怖心にとらわれるのです。

電車に乗っても、震えて泣き、

車にのって、道が違うと震えて泣き

 

普段のハルなら

好奇心に胸をふくらますとこなのに

どんどん、おかしくなっていくのです。

 

私は、頭蓋仙骨療法を信じきっていたので

まさか頭蓋仙骨療法のせいだとは

思いませんでした。

 

考えて、考えて

考えているうちに

計量機に自分のいつもハルに頭蓋仙骨療法を

する指の力をのせてみると

5gではなく、30〜60gもあったのです。

私は即座に家庭用の頭蓋仙骨療法を

やめました。

やめて一週間もすれば

ハルの不安と恐怖やパニックは消え去りました。

 

それからも頭蓋仙骨療法師に相談して

5gタッチをやり直し、ハルにして施術を試みました。

今度はひっぱらずに指をのせてふわっと触っているだけです。

 

だけど、ハルは即日で、荒れました。

もしかして、体がその経路を記憶して

拒絶したのかもしれません。

 

というわけで、

頭蓋仙骨療法はすばらしいけれど、

家庭では慎重にしないと安易にできるものでは

ないと感じました。

 

また施術する先生をしっかり

選ばないことも危険なのでは

ないかと思います。