発達sos

広汎性発達障害の子の発達・療育凸凹奮闘記。

5歳の子がほふく前進300メートル

ドーマンプログラムで 

ハルが最近苦手になってきた腹這い。  

 

大人なんてとてもできるもんじゃありません。 

ほふく前進300メートルだなんて! 

本場のドーマン法なら

最低達成距離は、腹這い1キロはしなければなりません。

効果も即でますが、できるもんじゃありません。

 

 

4歳の時のハルは、

腹這いを高速で簡単にやってのけたのですが、

体が固くなってきたのでしょうか、

腹這いが苦痛で仕方ないようです。

 

なので盛り上げ隊も

命懸けで知恵をしぼり

ネタを探しております。

 

叱咤激励などは通用しません。

叱咤激励なんてすると

よけいに心も身体もぐちゃぐちゃになり、

乱れたあげく、二度とやらずに、

心は苛立ちと怒りに満ち、毎日が荒れた日々になるのが

通例です。 

 

もはや楽しいエネルギーでしか

ハルは動きません

 

ハルは教えてくれます

楽しい!おもしろい!の中で

やりきったプログラムの後の

ハルの伸びやかな成長を。

 

プラスのエネルギーでしか生まれない成長を。 

 

母は今日も、ハルを突き動かすネタを考えます。

 

今日のネタ 

 

ハーモニカを吹きながら

変なおじさんをし、

後ろから追いかけます。

鬼ごっこが大好きなハルは

おおはしゃぎで

腹這いで逃げます

なんとか300メートル到達です。