発達sos

広汎性発達障害の子の発達・療育凸凹奮闘記。

ハル、保育園でいっつも一人で遊んでるねん

休日に、仲の良い保育園のお友達と

上手に遊んでいるので

保育園も遊べるようになったかなと

思っていたけど、

そうでもなかったようです。

 

一番仲のよいT君とは遊ぶけど、

T君もハルとだけ遊んでいられません。

登園したら、T君はハルとひとしきり遊ぶと

他の子と遊んで、ハルはそこから一人で

遊んでいるようなのです。

「T君な、朝しかハルと遊ばへんねん。

T君あとは、○○君とか○○君と遊んでる。

誰もハルと喋ってくれへんねん。

だからハルずっと一人やねん。

もうT君と遊ばんとこかなー。」

 

 

一人で遊んでいるハルも気になるけど

これだけ状況を説明できるように

なったことに、感心しました。

 

 

T君と話していると、ハルは会話能力は

全然劣っていないのです。

ではハルの弱点はなんだろと考えると

 

ハルは、緊張しているのか

園児たちに話かけられても

スルーしているのです。

「ハル、話しかけられた時

ちゃんと、答えないと

ハルくんに無視されたと思うやろ

話しかけられたら、ちゃんと答えるんやで」

といってみましたが

 

これまたあまのじゃくで

注意されるのが大嫌いなハルは

「うっさいなーママきらーい」と

ますます頑なになります。

 

そしてもう一つ

ADHDの最大の特徴として

多動性の一種である

人の嫌がることをしつこくする。

ヘラヘラしていらんことばかりする。

を園のお友達にも

やってしまっているようです。

 

ADHDの症状は丁寧に育ててやると

年齢とともに、軽減されていくようです。

確かにマシにはなっていますが

丁寧な育ててやるしかなさそうですね。