発達sos

広汎性発達障害の子の発達・療育凸凹奮闘記。

5歳9ヵ月のハルができるようになったこと

f:id:tovejansson:20151207053554j:plain

5歳9ヵ月のハルができるようになったこと

 

【その1】

絵本の音読を11月から毎日1冊を1カ月続けると、

内容が理解できるようになった。

 

それまでは、読んだ後に内容を聞いても

「わからんー」と本読みが苦痛な様子でしたが

今は、「そうやったんかあー、へえー」とか

内容に共感したり、笑ったりできるように

なりました。

そして、読むことが楽しくなってきたようで

ほっといても1冊以上、読んでいます。

 

まだまだロボット読みですが、読むのも早くなりました。

 

 

【その2】

保育園でも、どこの固い床の上でも

恐れず、きれいな側転をするようになりました。

 

できるようになったら

どこでもしたくなる様です。

 

【その3】

きれやすかったり、こだわりがあったり

融通がきかなかったのが

1/10くらいに激減。

 

これまで、夕方17時すぎに保育園に

迎えにいっていたのを

15時すぎに迎えにいき、

読み書き算数の学習したり、運動プログラムをやる時間に費やすと、

急に情緒が落ち着き、集中力が出て来ました。

先月と別人のようです。

 

幼児を17時まで保育園に預けるということは

すごいストレスなのかもしれません。

 

社会的刺激は、幼稚園くらいの時間が

健やかな時間なのかもしれないと感じました。

 

【その4】

感情や言葉が、毎月

豊かになってるのを感じます。